プロペシアはジェネリックになると激安

プロペシアの最安値は通販でしたTOP > プロペシアはジェネリックになると激安

プロペシアはジェネリックになると激安

AGA治療薬である飲む発毛剤のプロペシアを輸入代行業者を使って、ネット通販で購入すると、病院やクリニックで処方してもらうよりかなり安いですが、実は、プロペシアのジェネリック医薬品を選ぶと、更に安いです。

更に安いというか、もう格安、いや、激安といっていいレベルの値段になります。

たとえば、プロペシアのジェネリック医薬品として最も有名なフィンペシア(Finpecia)1mgだと、1箱100錠入りで24.80ドル(約2480円)です。

本家のプロペシアが、1箱28錠で53.60ドル(約5360円)なので、1錠あたり1.91ドル(約191円)なのに対し、プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアは、1錠あたり0.24円(約24円)と8分の1ぐらいの価格です。

プロペシアは個人輸入代行で購入すると、日本の病院やクリニックで処方してもらうよりかなり安いですが、それでも続けるのが金銭的にキツイという場合には、プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアなどを代用するのがいいかと思います。

オオサカ堂で扱っているフィンペシアは専門機関の成分鑑定を受けているので、品物に間違いはないです。

プロペシアのジェネリック医薬品には、フィンペシアと同成分のエフペシア(F-Pecia)1mgや、フィナロ(Finalo)1mgなどもあります。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品として一番人気ではありますが、最近では、キノリンイエロー不使用のエフペシアなどに乗り換えている人も多いようです。