プロペシアの最安値は通販でした!のトップページ

今見ているページ > プロペシアの最安値は通販でした!のトップページ

プロペシアの最安値は通販でした!へようこそ

当サイト「プロペシアの最安値は通販でした」では、AGA治療薬である飲む発毛剤のプロペシアの最安値や、信頼で安心できる激安販売ショップなどを紹介しています。

AGA治療薬プロペシアの最安値はやはり通販

AGA治療薬である飲む発毛剤のプロペシアの最安値を調べてみましたが、やはり通販でした。

通販といっても、今ネット販売が議論されている大衆薬のように、一般の通販サイトでは購入することはできません。

通常、日本では、プロペシアのようなAGA治療薬を購入するには、処方箋が必要であり、AGA治療薬を扱っている病院やクリニックに行かないと購入することができないのです。

ただし、個人輸入を使えば、プロペシアのようなAGA治療薬でも、処方箋なしにネット通販で購入することができます。

ただ、個人輸入を自力でやるとなると、相当手間なので、医薬品の個人輸入代行を行ってくれる業者が存在します。

個人輸入代行業者はいくつかあるのですが、その中でプロペシアを最も安く購入でき、信頼できる業者は、オオサカ堂です。

価格でいうと、プロペシア(アメリカ版)1mgが1箱28錠で53.60ドル(約5360円)、2箱で97.20ドル(約9720円)と、病院やクリニックで購入する価格よりかなり安いです。

たとえば、プロペシアを扱っている病院やクリニックの大阪での最安値は、1箱7000円なのですが、初診料や再診料などがかかりますので、1番安い岸和田市のクリニックで、初診料込みで7500円です。

2番目に安いのが大阪市北区のクリニックで7800円です。

病院やクリニックによって、初診料込みの価格で、7500円〜13650円とかなり幅があり、安い病院が近くにあればいいですが、交通費もかかりますので、2箱97.20ドル(約9720円)で購入できるネット通販が圧倒的に安いと思います。

ちなみに、東京での最安値も初診料込みの価格で7500円で、最高値が13650円です。

他の地方都市も競合店のある場合は大体値段は変わりませんが、地方都市になるほど、AGA治療薬を扱っている病院やクリニックが減りますので、高い価格が設定されていることもあります。

ネット通販で購入できるプロペシアは本物か?

個人輸入代行業者を使ってネット通販で購入できるプロペシアは病院やクリニックで購入するよりかなり安いので、本物か?という疑問もわくかと思います。

結論からいうと、偽物を扱っている悪質な業者も中にはあるという噂です。

どこの業者に偽物を扱っている黒い噂があるかなどは言えませんが、あまり有名でない医薬品の個人輸入代行業者は使わないほうが無難だと思います。

では、どこの業者を使えばいいかというと、私がオススメするのは、オオサカ堂です。

なぜ、オオサカ堂をオススメするのかというと、オオサカ堂が扱っているプロペシアは、専門機関の成分鑑定を受けているからです。

また、オオサカ堂は他の有名どころの個人輸入代行業者より安いですし、信頼できる個人輸入代行業者の中では最安値です。

オオサカ堂を運営しているロイユニオンのグループサイトには、オランダ屋やアイエスティなどもありますが、サイトごとにターゲット層を変えているだけで、値段は全く同じなので、どこを利用しても変わりません。

ただ、ポイント制度があるので、色々なサイトを利用するより、どこか一つのサイトを利用するほうがお得です。

オオサカ堂はプロペシアなどの飲む発毛剤の購入層をターゲットにしていますので、飲む発毛剤系のレビューが多いですし、飲む発毛剤系の医薬品を購入する場合はレビューを参考にしやすいです。

ちなみに、オランダ屋は女性層をターゲットにしていて、低用量ピルなどのレビューが多く、アイエスティは男性層をターゲットにしていて、ED治療薬などのレビューが多いです。

オオサカ堂が一番有名で、レビュー数も多いので、低用量ピルやED治療薬の口コミを見たい場合でも、オオサカ堂を参考にするといいかと思います。

プロペシアはジェネリックになると激安

AGA治療薬である飲む発毛剤のプロペシアを輸入代行業者を使って、ネット通販で購入すると、病院やクリニックで処方してもらうよりかなり安いですが、実は、プロペシアのジェネリック医薬品を選ぶと、更に安いです。

更に安いというか、もう格安、いや、激安といっていいレベルの値段になります。

たとえば、プロペシアのジェネリック医薬品として最も有名なフィンペシア(Finpecia)1mgだと、1箱100錠入りで24.80ドル(約2480円)です。

本家のプロペシアが、1箱28錠で53.60ドル(約5360円)なので、1錠あたり1.91ドル(約191円)なのに対し、プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアは、1錠あたり0.24円(約24円)と8分の1ぐらいの価格です。

プロペシアは個人輸入代行で購入すると、日本の病院やクリニックで処方してもらうよりかなり安いですが、それでも続けるのが金銭的にキツイという場合には、プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアなどを代用するのがいいかと思います。

オオサカ堂で扱っているフィンペシアは専門機関の成分鑑定を受けているので、品物に間違いはないです。

プロペシアのジェネリック医薬品には、フィンペシアと同成分のエフペシア(F-Pecia)1mgや、フィナロ(Finalo)1mgなどもあります。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品として一番人気ではありますが、最近では、キノリンイエロー不使用のエフペシアなどに乗り換えている人も多いようです。

どのAGA治療薬を購入していいか迷っている場合には、飲む発毛剤の人気ランキングを参考にしてみてください。